2020年07月04日

瀬戸内の魚

俳句に続いて「瀬戸内の魚」の話題。

lineの話題としては超人気。特に地元を離れている人にとっては郷愁誘う話です。昔は当然のように食していた魚が都会に暮らすとどれほど貴重なものだったか思い知らされます。

郷里に戻って暮らしている友人からは羨ましい投稿が。特に船を所有している人は次々と釣果の報告。いいなあと羨望の的です。

村上君鯛.jpg
(村上敏夫さん)

びっくりするほどの大物の鯛です。

馬越さんと鯛.JPG
(馬越英次さん)

お孫さんを連れての漁。おじいちゃんの船に乗ってこんな魚が釣れれば、都会育ちのお孫さんも大満足、一生の思い出になりますよね。

釣果 河北さん.JPG

アコ、鯛、ホゴ、ムクダイと様々な釣果。河北さんは度々釣果を報告してくれます。ご近所にもおすそ分けするそうで、近くに住みたい!との声しきりです。東京では味わえない生きのよい瀬戸の魚の数々。大漁ですね。



これは馬越さんの知人が捕った蛸。伯方島と大島の間にある能島や鵜島の辺りで捕れたみたい。大迫力ですね。

lineではこういうお魚の投稿を見て、関西ではちがった名前で呼ばれているなどとの声が上がりました。また、子供の頃に大角の鼻の先にある千間磯で遊んだ(美谷子さん)などという思い出も語られたり、故郷はいくつになっても、誰の胸の中にも広がっているのだなあと思いました。
posted by rokusan at 14:18| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

俳句

コロナ禍の中、いかがお過ごしでしょうか?
少しでも明るい話題をお届けしたいと思います。最近始めたGlineに投稿された山本みどりさんの句です。

青葉木菟.JPG

<ハートの中に目玉がふたつ青葉木莬>
(青葉木莬の顔がハート型に見えたそう)

聖神社.JPG

町谷の聖神社の境内にある老木の洞に毎年東南アジアから青葉木莬が飛来するそうです。何だかロマンを感じますね。

境内k.jpg

<老木の洞のくちびる青葉木莬>
(洞を唇に見立てた句)

<青葉木莬テニスコートのむかふ見る>
(神社の隣にテニスコートがあるそうです。向こうに生まれ故郷を見ているのかな?)

<少年のはずの級友青葉風>
(卒業以来出会っていなかった馬越英次さんに向けて。うまいですね。同級生は70歳を越えたジジババになっても、みんな心の中では少年少女のままです)

山本みどりさん(みーちゃん)は10余年前にNHKの全国俳句大会で特選を受賞、授賞式は全国に放映されました。同級生として誇らしい限り。

<甲冑の声なくわらふ朧かな>(受賞作)

同年、お母さまも短歌部門で特選を受賞。親子でというのはすごいですね。しかも、お母さまは2年連続受賞だったようです。

<身の内に海あるらし老いたれば波うちさはぐ冬海に似る>(受賞作)
<白黒の写真みてゐし幼児が耳にささやくうちってびんぼう>(受賞作)

少しは皆さまの心が明るくなったでしょうか?
posted by rokusan at 11:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月19日

今西18期無尽の会の紹介

河北興次さんが、今西18期無尽の会をLINEに紹介してくれました。
許可をもらったので、そのまま、アップします。
懐かしい人が、多いですね。

S__7258115.jpg

S__7258116.jpg

S__7258117.jpg

S__7258118.jpg

S__7258119.jpg

S__7258120.jpg

S__7258123.jpg

1.2枚目
黒川勇司、中山大三、渡部敏郎、羽倉一正
3枚目
菊川厚、小山利一
4枚目
山路直樹
5枚目
小山利一、土屋豊
6枚目
黒川勇司
最後は
中山大三、渡部敏郎
場所は俥屋
エンディングノートを
プレゼントしました、

S__7258125.jpg

S__7258127.jpg





posted by naosan at 17:23| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする